5歳の偏食の娘との戦い。。

娘ちゃん、5歳は本当に偏食です。
食べるものといえば、納豆、鮭、豆腐、ご飯、本当にこれだけ。
離乳食は、なんでももりもり食べておりました。
それが、ある日突然に食べなくなりました。
食に本当に興味がないのか、あまりたべません。
これで、大丈夫なのかと何度も栄養士の先生に相談にいきました。
野菜の食べない子は、すってお味噌汁にいれてみて~
もちろん試してみたりもしましたが、
たべません。どんだけ敏感なんだ~
とはいえ好きなものもありまして。
大好物は、なんとネギ!こぐちぎりをしたネギ!をなにもつけずにスプーンですくってたべるのがだいすきです。
なので、いろんなものにネギをかけまくってます。

心配は幼稚園で始まるお給食。当然たべられないものが多く、先生も苦戦しているようです。
でも、一口は食べようね~とかなど声をかけてくれるおかげで少しずついろんなものを食べるようになったようです。
しかし、家ではやっぱりたべない。
でもいいかな…うるさく言わないようにしています。
幼稚園で、ガンバってたべてるんだもん。家まで頑張ってたべる事がきらいになったらいけないもんね。
でも、やっぱり食べてもらいたい。

毎日一緒に買い物に行き、今日は、これ食べてみる❔とかお話しながらかってます。
家では、買ってきたものを料理したあと変身したよ~とかいいながら夕飯を作ってます。

あとは、食材宅配 北九州で子供向けの物を探したりして目先を変えたり、子供に手をかける分夫の夕食の手を抜いたりと工夫したりしているのです(^^
最近、少しずついろんなものを食べるようになってきました。

小学校に上がるまで少しでも食べれるものが増えるようにがんばってるところです。